文庫本カバーの仕様

各部分のサイズは下記の様になります。

BC1〜BC14まで



BC15以降

最大3cm厚の文庫本まで入れられます。しおりの位置は、BC1〜BC14までは1cm厚・BC15以降のものは3cm厚の文庫本を入れた時にちょうど中心に来る様に作られています。BC15以降の「新サイズ」は厚めの文庫本にカバーをかけても「裏表紙の折り返し」部分の長さに余裕があり、より使いやすく改良されています。



使い方(全型番共通):
「表表紙の差込口」部分に本の表紙を入れ、裏表紙を「裏表紙とめ」バンドで留めます。「裏表紙の折り返し」部分を



この様に裏表紙と「裏表紙とめ」バンドの間に挟み込んで下さい。本付属のカバーは外さなくても入ります。図書館製本された文庫本にもお使いいただけます。